20 OVER?

このブログは電子タバコ・喫煙の情報を含みますので、
20歳未満の方の閲覧を固くお断りいたします。

ENTER

LEAVE

【VoV完全版】スタビMODにひび割れが・・・悲報を朗報に。コーティングが剥がれたMODを元に戻す方法をまとめました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

VoVのスタッフがいい事例を作ってくれたので記事にすることが出来ました。
さて、こういう事よくありますし、ご相談も頂きます!(;´Д`)
いわゆる「ぶつけた」とか「落とした」というヤツです。

実際にこのケースはMODのコーティングが剥がれた程度ですので耐水サンドペーパーである程度もとに戻すことが出来ましたのでそちらを紹介していきます。

※あくまでJemitDesignsのモデルに特化した記事となります。
コーティング方法が違ったり独自にされているものに関してはプロに任せたほうが早いケースが多いです。

ちなみにコレ

スタビMODのコーティングが剥がれる原因

コーティングはブランドにもよって違いますがJemitDesignsの場合スプレーによるコーティングフェイズがあるのでスプレーでの皮膜を作っていきそれが硬化したものがコーティングという前提の元お話を進めます。

さて、コーティングが剥がれる原因ですがこちらはそもそもの劣化のケース、いわゆる使用劣化など風化にあたるもの、もうひとつがコツンと何かにぶつけたり落としたりするとコーティングが割れます。いわゆるこれが剥げたという状態です。

なぜ割れたという表現になるかというと硬化されたコーティング部分が浮いてしまった状態はガラスのヒビや割れのようにパリパリとその割れた面積が広がっていく事が多い事から割れたと表現します。

日頃のメンテナンスでコーティングの剥がれは防げない

スタビライズウッドのMODのオーナー様がよくメンテナンスなどで行っているオレンジオイルなどでの汚れ落としや蜜蝋などでのつやだし、漬け置きなどはあくまで状態維持や購入初期の使用劣化や色味を調整するための手段になります。

スタビライズウッドのMODの場合ほとんどコーティングされていますので、このメンテナンスではコーティングの割れ・剥がれを防ぐことは出来ません。メンテナンスはあくまでメンテナンスというわけです。

別途コーティングを専門業者で頼むことも出来たりしますが、この場合はメンテナンスにコーティング強化をするようなイメージになります。

ただし、同じメンテナンス方法で剥げれたコーティングを元に戻すことは出来ないのでそこは覚えておきましょう。

どれだけメンテナンスを行っても落としたら最後、もとに戻ることはほぼありません

↑こことても重要です。

メンテナンスと個人で行うリペアの違い

これは研磨をどの程度まで行うか?

になります。メンテナンスに車用のコンパウンドを使うケースやステンレス部分にピカールなどを利用するケースもありますがこれも研磨ですね!メンテナンスにこの研磨をいれるかどうか微妙なところですが皮膜を滑らかにし光沢をだすという観点ではメンテナンスに含むと思います。

ただしリベアの場合、研磨のレベルが違います!
すでにあるコーティングを一定のレベルまで剥ぎ、その後周りの部分と差異が可能な限り出ないレベルで耐水サンドペーパーを利用し研磨しまくって残りは仕上げという感じで行っていきます。

初期の状態

耐水サンドペーパー600番〜

※写真取るの忘れました・・・必死だったものでw

耐水サンドペーパー2000番

ここからはコンパウンドとの戦い

僕の場合オレンジオイルで汚れ落としつつ、乾燥させつつ複数回繰り返します

もとどおりになんてなりません…
工程を見れば明らかですが、本来均一に纏ったコーティングを部分的に剥いでいるわけなので。

お値段の高い安いではなくMOD利用のまとめ

ここで重要なのは、「大事」にしてるというのなら…
落とさないように!ぶつけないように!使いましょうということ

もちろん適当に扱ったからこうなった!というわけではなく、
私も大事に大事に利用していてもガスッ!!!!!!と勢い良くぶつけたこともありますし、この作業をしている間も机にひっかかり自分のCurveが見事に割れました 苦笑

ただ言いたいのは、大事に使っても壊れたり使用劣化、風化していくものだということです

木材などを利用していればなおさらですよね。この辺は酸化しやすいチューブMODを使っている方や手垢や指紋がつきやすいモデルを使っているオーナー様は特に気をつけて使われることをお薦めします。

メカニカルでもテクニカルでも。
制御チップの搭載されたテクニカルではリキッドの液漏れから基盤自体がショートすることもありますし、ディスプレイをコツンとやれば表示がおかしくなったり、ドット抜けのようになったりもします。

何千円だろうと数十万だろうとこの辺はアトマイザーもMODも共通だと思います。

私自身は、私の価値観で好きなMODにお金を使っていますが「いつか壊れるとは思いつつ」大事に使っています。

皆さんの大切なMODが今後共、割れること無く、故障すること無く大事に楽しく使われることを祈って・・・

最後に

VoVではJemitDesignsに限りリペアを取り扱っております、VoV経由で購入未購入に関わらずです。
本国のJemitDesignsからも日本での修理などに関しては一任されておりますので、壊れたり、「?」な部分などがありましたら私までお気軽にご連絡下さい。(有償、無償は状態によります・納期のお約束は出来かねません)

メーカー行きとなったリペア品に関しては納期が新規製作時の数倍かかります。

コーティングを全てはぐ場合、接着部を剥ぐケースなどもありますので、納期面に関しましては十分ご理解いただきますようよろしくお願いいたします。

 

づか㌧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。